緊急事態宣言解除は大丈夫?まだ早い?ライブハウス再開やコロナ第二波を心配する声も

 

この記事では

  • 緊急事態宣言解除で大丈夫?まだ早い?
  • ライブハウス再開するの?フェスは中止のまま?
  • コロナ第二波を心配する声も

という内容について紹介しています!

 

緊急事態宣言解除で大丈夫?まだ早い?ライブハウス再開やコロナ第二波を心配する声も

緊急事態宣言解除で大丈夫?まだ早い?

 

安倍晋三首相は25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について、北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県で解除を表明しました。

 

4月7日に7都府県を対象に初発令してから49日間で、既に解除した42府県を含めて全都道府県への宣言が終了。各地域は外出自粛や休業要請の緩和、学校再開を段階的に進める方向です。

 

しかし、Yahooニュースのみんなの意見では「適切でないと思う」という意見が70%を超えており、解除を喜ぶよりも、コロナ流行第二波を心配する声は多いう様な状況です。

 

 

緊急事態宣言の解除が見える前から、第二派対策に関する議論も始まっていましたし、最も危険にさらされる、医療現場の方々のことや、仕事を休めない介護・保育関係者の方への配慮に欠けるという意見もあります。

こういった職業の方へ報酬を上げることについては、議論されているのかも不明なまま、いきなりの緊急事態宣言解除ですから、当然戸惑う人も多いのは納得です。


国内旅行半額補助など新た施作が発表されていますが、打ち上げ花火的な施策に留まらないことを祈ります。

スポンサーリンク

 

今後の生活どうなる?マスク着用など新生活様式へ

 

政府は宣言解除後も密閉、密集、密接の「3密」回避やマスク着用など「新しい生活様式」の定着を図ると発表しています。

ですので、緊急事態宣言解除後でもやはり、マスクやアルコール消毒、ソーシャルディスタンスを保った行動が引き続き続行する見込みです。

 

 

ライブハウス再開するの?フェスは中止のまま?パチンコ店なども緩和対象

 

今回、緊急事態宣言が解除された神奈川では、短縮営業を求めたうえで、全業種で27日の午前0時から休業要請の緩和を行う方向で検討するとしています。

 

このうち、「ステップ1」では、遊興施設や、大学や学習塾、劇場や商業施設などすべての業態や施設で午後10時までの短縮営業を求めたうえで、

休業要請の措置を緩和するとしており、合わせて午後8時までの営業を要請してきた飲食店も、午後10時まで営業できるようになります。

また、東京都では第1段階の対象に含まれていない接待を伴う飲食店や、パチンコ店、ゲームセンター、それにライブハウスなども一斉に緩和の対象にするということです。

その先の「ステップ2」では、短縮営業も解除するほか、中規模のイベントから順次、開催を可能とするとしています。

 

しかし、ライブハウスが再開されてもフェスはすでに中止になってしまったことに対して「なんだかモヤっとする」など疑問を呈する声も上がっています。

 

スポンサーリンク

 

コロナ第二波を心配する声も

 

緊急事態宣言が解除され、やはり心配なのは、コロナ感染拡大第二波、第三波ではないでしょうか。

以前から第二波は秋以降が本番と言われていましたが、今回の緊急事態宣言解除が正解だったかどうかは、少なくとも6月7月などになってからわかりそうです。

不安な方は、引き続き人混みを避けたり、マスクやアルコール消毒の徹底をお勧めします。

 

関連記事

SARS(サーズ)はどのように収束したの?理由はなぜで収束までの期間はどれくらいだったかも

コロナ禍で国内旅行半額補助やクーポン・食事券いつどこでもらえる?申請方法や手続きについても

 

まとめ

この記事では

  • 緊急事態宣言解除で大丈夫?まだ早い?
  • ライブハウス再開するの?フェスは中止のまま?
  • コロナ第二波を心配する声も

という内容について紹介しました!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です